NLP-VAKタイプと勉強法

NLP VAKタイプと勉強法について

NLP VAKタイプと勉強法について
あなたにあった学習方法とその効果について見てみましょう。

 

NLP VAKタイプと勉強法記事一覧

NLP VAKタイプについて

難しいことは抜きにしましょう!簡単に説明しますと人間には五感というものが存在しますよね?視覚聴覚嗅覚味覚触覚この5つです。人というのはこの5つの感覚を用いて自分の周りの世界を感じることができます。実はこの五感には人それぞれに優先度が存在します。これらを心理学的に3つにタイプ分けしたものがNLP-VA...

≫続きを読む

 

VAKタイプ診断方法その1になります。

各タイプ別に簡単な7つの質問をしますので番号をメモしていただければと思います。質問1:この中でよく使う言葉はどれですか?1:「はっきりしてる」2:「自分はこう思う」3:「これは気になる」質問2:会話するときどんな動きをよくしますか?1:「手をよく動かす」2:「手が口元にいく」3:「体をよく動かす」質...

≫続きを読む

 

VAKタイプ診断方法その2

この方法は実際に大学で行われた実験と聞いています。あなたが音に影響されやすいか?映像に影響されやすいか?要するに聴覚優位の傾向があるか?視覚優位の傾向があるか?この2つの傾向を判断するための実験です。この実験には2つの準備物が必要です。準備物1:漫画以外の本2:ニュースなどの音声付き動画まずは、ラノ...

≫続きを読む

 

視覚優位(Visualタイプ)の特徴

言葉の違い視覚的要素を含んだ表現を使う傾向が見られます。例えば…はっきりしている見えやすい明るいなぁ/暗いなぁ会話の違い物事をイメージするために、会話中に上の方を見る人が多いと言われています。また、何かを描くような手の仕草が出やすいです。学習方法への応用図や表など、視覚的に理解をサポートするものがあ...

≫続きを読む

 

聴覚優位(Auditory)の特徴

言葉の違い聴覚的要素を含んだ表現を使う傾向が見られます。例えば…そう思うちょっと考えるから待ってね聞こえやすい/聞こえにくい会話の違い音に集中するために目が左右に動く人が多いと言われています。また、何かを表現する際には言葉で上手く表現しようとします。学習方法への応用リスニングによる学習が得意と言えま...

≫続きを読む

 

体感覚優位(Kinesthetic)の特徴

言葉の違い体感覚的要素を含んだ表現を使う傾向が見られます。例えば…これは気になるそう感じる重いなぁ…不幸話を聞いたときに「その話…ちょっと重いなぁ…」こういった言葉が出てくる人は体感覚優位の傾向があるかもしれません。ちなみに、視覚優位や聴覚優位の人は「その話…ちょっと暗いなぁ…」こういった言葉が出や...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク