聴覚優位(Auditory)の特徴

スポンサードリンク

聴覚優位(Auditoryタイプ)の特徴

言葉の違い

聴覚的要素を含んだ表現を使う傾向が見られます。

 

例えば…

そう思う
ちょっと考えるから待ってね
聞こえやすい/聞こえにくい

 

会話の違い

音に集中するために
目が左右に動く人が多いと言われています。
また、何かを表現する際には言葉で上手く表現しようとします。

 

学習方法への応用

リスニングによる学習が得意と言えます。
声に出して覚えたり、CD・DVD・音声動画をサポート教材として使用すると学習効率が上がると思われます。

 

学習環境への応用

音楽を聞きながら勉強される方も多いと思います。
ですが、好きなミュージシャンの音楽を聞きながら作業を行うと、
聴覚優位の傾向がある人は逆に音楽に集中してしまう場合があります。
静かな環境で勉強してみると良いでしょう。

スポンサードリンク

聴覚優位(Auditory)の特徴関連ページ

VAKタイプとは?
NLP VAKタイプというのは五感を心理学的に分析し、自分がどの五感を主に使用しているかを知ることで生活に充実させるものです。
診断方法その1
NLP VAKタイプの診断方法その1になります。視覚優位、聴覚優位、体感覚優位を調べる為の方法です。
診断方法その2
NLP VAKタイプの診断方法その2になります。視覚優位と聴覚優位を調べる為の方法です。
視覚優位の特徴
視覚優位の特徴をまとめてみました。参考にしていただければと思います。
体感覚優位の特徴
体感覚優位の特徴をまとめてみました。参考にしていただければと思います。