体感覚優位(Kinesthetic)の特徴

スポンサードリンク

体感覚優位(Kinestheticタイプ)の特徴

言葉の違い

体感覚的要素を含んだ表現を使う傾向が見られます。

 

例えば…

これは気になる
そう感じる
重いなぁ…

 

不幸話を聞いたときに
「その話…ちょっと重いなぁ…」
こういった言葉が出てくる人は体感覚優位の傾向があるかもしれません。

 

ちなみに、視覚優位や聴覚優位の人は
「その話…ちょっと暗いなぁ…」
こういった言葉が出やすいと思います。
(暗いという表現は視覚的にも聴覚的にも使われますからね。)

 

会話の違い

上手く表現するために体を使おうとし、
会話中に目が下にいく人が多いと言われています。
全身を使って上手く物事を表現しようとします。

 

学習方法への応用

経験から学習することを好む傾向にあります。
理科の実験などが好きだった方も多いのではないでしょうか?
手を動かして、文字等を書いて覚えるのが得意と言えます。

 

学習環境への応用
体が動いている状況が好きです。
お菓子をつまみながら勉強!?するのも方法の一つです。
(食べ過ぎには注意ですよ!)

スポンサードリンク

体感覚優位(Kinesthetic)の特徴関連ページ

VAKタイプとは?
NLP VAKタイプというのは五感を心理学的に分析し、自分がどの五感を主に使用しているかを知ることで生活に充実させるものです。
診断方法その1
NLP VAKタイプの診断方法その1になります。視覚優位、聴覚優位、体感覚優位を調べる為の方法です。
診断方法その2
NLP VAKタイプの診断方法その2になります。視覚優位と聴覚優位を調べる為の方法です。
視覚優位の特徴
視覚優位の特徴をまとめてみました。参考にしていただければと思います。
聴覚優位の特徴
聴覚優位の特徴をまとめてみました。参考にしていただければと思います。